シンガポール1週間からの「親子・短期留学」

2013.ches.sin.top

【お詫び】申し訳ありませんが、プリ・スクール移転・新入生受け入れ準備、CHES保育園開園準備等に専念したいと思っておりますので、CHESシンガポール親子留学のご案内は、しばらくの間停止させていただきます。ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

 

「教育立国」シンガポールへ 1週間からのCHES「親子・短期留学」のご案内

P102094711CHES「シンガポール親子・短期留学」をご案内するにあたって、私は、実際に、シンガポールへ行ってきました。

 

預け先の様子を、WEBサイトだけで確認したくらいでは、十分に安心できるわけでもありませんし、大人だけの旅行や留学とは違い、幼いお子さんを預けるとなると、親としては、かなり勇気がいりますよね。

 

そこで、私の息子達を預けることを前提に、母親目線で、留学先や宿泊場所など、現地の様子を、この目でしっかり確認するために行くことにしたのです。

 

想像してみてください、20年後の日本を…。

2030年。いまはまだ幼いあなたのお子さんも、ようやく親の手もかからなくなり、すでに社会人として、わくわくしながら力を発揮、活躍している頃でしょうか…。

 

ただ、私たちがいままでに経験してきた日本の社会と、お子さんが社会人として経験している日本の社会とは、かなり様子が違うようです。

 

20301たとえば、気になるのがこの数字。2030年の65歳以上の人口比率は、「31.0%」と推計されています。また、生産年齢と表現される「15歳から65歳」の人口比率は、「57.6%」と推計されています。中学を卒業後、すぐに社会にでる子どもたちはおそらく少数派でしょう。また、現在の日本の失業率は約6%といわれています。

 

上のグラフは、国立社会保障・人口問題研究所が公表している「2030年日本の人口ピラミッド図」です。2030年、あなたは何歳? そして、あなたのお子さんは・・・? 私のところの長男は、なんと、33歳、次男は30歳!?

 

つまり、これらの推計が意味するものは、人口のわずか4割程度で、2030年の日本全体を支えている状況だということです。

 

ここで、改めて、子ども達が社会人になっている20年後の日本の姿を、想像してみてください。

 

P102097211年金や医療制度、税金の負担はかなり増え、ようやく手にした子ども達の給与のかなりの部分が消えているかもしれません。

 

また、人口減少の影響から、日本国内の消費はそれほど伸びず、多くの企業は、海外、特に人口が増え続けている他のアジア諸国にさらに進出する決断をせまられているかもしれません。

 

「このような状況の日本社会に、本当に子ども達を送りだしてもいいのかな?」

母として、不安が募るのは、私だけなのでしょうか。

 

シンガポールの滞在先の様子をYouTubeにまとめてみましたので、ご覧ください。

 

♪「想像してごらん 国境なんて無いんだと…」「そんなに難しくないでしょう?」

ryugaku3ジョン・レノンが「イマジン」という曲を発表したのは1971年でした。すでに35年以上経ち、当時の東西冷戦はすっかり過去のものとなっています。冷戦構造の象徴だったベルリンの「壁」もなくなって、もう20数年。国と国とを隔てていた大きな「壁」は、すでにほとんどの地域で存在していません。

 

しかし、閉塞感がある日本から一歩踏み出し、新天地で活躍したいと、いくら感じたとしても、すぐに大きな別の「壁」に阻まれてしまいます。多くの日本人にとっては、いまだに「言葉の壁」が、「国境」の「壁」として、存在しているのです。

 

もしも、子ども達に言葉の「壁」がなくなり、世界中で自由に活躍できるとしたら…

私たちの子ども達が、閉塞感の漂う日本にいなければならない理由や、日本で働かなければならない理由って、本当にあるのでしょうか。

 

P110012311私は、国境を越え、言葉の壁を越え、チャンスをつかむために、中国・インド・マレーシアなど近隣諸国から、シンガポールに「英語」を学びに来ている多くの子ども達の様子を見てきました。その様子からは、目的にむかって一生懸命に努力している「活気」を感じることができます。

 

やはり、「留学」という言葉は、本来、このような国に学びに行くことだと思うのです。「旅行」ではなく、「留学」なのですから。

 

ただ、いますぐに、彼らと同じように幼いわが子だけを留学させるには、「親」としてかなり勇気がいります。たとえば、留学先の学校にしても、滞在先にしても、日本でWEBサイトを調べただけでは、実際によく分からないというのが、正直な感想でしょう。

 

だからこそ、留学先の学校と滞在先は、すべて私が、この目で確認しておきたかったのです。こうして、ようやくお伝えできることになったのが、「CHES:親子留学」です。まさに、「CHES:親子留学」は、お母さんと一緒に、彼らと同じ教育を安心して「体験」することができるのです。

 

なぜ、シンガポールなのでしょうか。

1965年、マレーシアから独立した赤道上に位置する淡路島ほどの小さな国がシンガポールです。2007年には、建国わずか40年ほどで、シンガポールの1人当たり国内総生産(GDP)は、すでに日本を抜いています。

 

この目覚しい発展を支えているのは、まさに「教育力」です。

 

P1100162国際教育到達度評価学会(IEA)が行う小中学生を対象とした国際比較教育調査である「TIMSS」の2003年の調査によると、「小学校4年生」では、理科・算数ともにシンガポールは1位。

 

日本は、どちらの科目も3位です。「中学2年」でも数学・理科ともにシンガポールは1位でした。日本はそれぞれ、5位・6位。

→ TIMSS調査とは? 「TIMSS過去の調査:各国ランキング」

 

日本人にとってかなり残念なことは、「数学」「理科」ともに「英語」で学んでいないので、たとえ国際比較教育調査で、せっかく順位が上位でも、言葉の「壁」があるために、そのまま世界のステージに出て行くことが難しいという現実です。

 

シンガポールが国を挙げて目指しているバイリンガル教育の方向は、教育の世界的な「Hub」(拠点)です。

 

つまり、シンガポールの教育を「体験」することは、まさに、世界中の「教育」を体験することでもあるのです。

すでに、INSEAD(フランスのビジネススクール)、MIT(マサチューセッツ工科大学)、そしてUniversity of Chicago(シカゴ大学)GSBなど、世界的なビジネススクールも展開しています。

 

まさに、 Hub for Educational Excellence – Singapore,a Global Schoolhouse.この↑「教育ハブ都市シンガポール」という言葉は、シンガポール政府の「教育」に関する広報によく使われています。

 

このような環境ですから、周辺各国から民族、文化、宗教に関係なく、多くの子どもたちがシンガポールへ留学しています。

 

P10300061子どもたちはシンガポールで、同世代の各国の子ども達と一緒に遊び、学ぶ経験を通して、自然に国際的感覚とコミュニケーション能力を身につけることができるでしょう。また同時に、民族、文化、宗教の違いをお互い知ることで、自分が生まれた「日本」についても、再認識することができるでしょう。

 

なによりも、近隣諸国から同世代の大勢の子どもたちが国を越え、一生懸命学びにきている様子を目の当たりに体感することができます。

 

彼らの様子を一度でもみたら、「なぜ、勉強しなくちゃいけないの?」なんて質問は、子どもの口からは、もう二度と出てこなくなると思います。不思議なことに、「英語」の環境を経験した子ども達は、「英語」が話せること自体が、重要なことではないと、素直に感じるようです。

 

これも、当たり前といえば、当たり前なのですが、会う人、会う人、みんなが「英語」を使います。この様子を目の当たりにした子ども達は、「英語」を学んで「なにが」できるのかのほうが、よほど重要なのだと自然に気づくのです。

 

P1100153また、シンガポールの学校は、「キングス・イングリッシュ」ですから、オーストラリアのような(独特で微妙な)英語発音にはならないで済みます。また、街も交通手段(MRT・タクシー)も安全。しかも食べ物は安くておいしいです。日本との時差も一時間くらいです。

 

そして、お子さんが学校に行っている間に、ママは語学スクールへ通うこともできます。あっ、もちろん、ママはゆっくりシンガポール観光や買い物を楽しむのもいいかもしれません。

 

今回ご案内する「CHES:親子短期留学」は、あくまでも1回の留学体験ですが・・・

 

シンガポールでの「CHES:親子・短期留学」体験は、世界へのステップにつながる留学体験になるはずです。

まさに、20年後…

P103008011あなたのお子さんが、世界中で自由に活躍している頃、この経験が世界に踏み出した最初の「冒険旅行」として記憶されていることでしょう。

 

 

 

お子さんの時間を「大切」にしたいと思われるお母さん!
「CHES:親子・短期留学」をぜひ一緒に経験してあげてください。

 

【留学先】:「月曜日」始まりの「1週間以上」の契約となります。

サムス・アーリー・ラーニング・センター

P1100151幼稚園から7歳ごろまでのお友達のクラス

【授業時間】: AM7:00からPM5:00の間で自由に設定できます。
【授業料】: 500(S$)/1週間
サムスは、質の高い教育を求めるシンガポール人からも、非常に人気のある現地プリ・スクールです。アジア系の先生方が多いので、小さな子ども達への細かい配慮が行き届いています。小さなお友達も安心して預けることができます。

 

あくまで個人的な感想ですが、幼稚園から小学校低学年の間に、「英語」環境をたとえ1週間でも経験できることは、素晴らしいことだと思います。「日本語」「英語」にかかわらず、この時期の子ども達は「言葉」を確立しきれていないので、どんな言葉にも、とても「敏感」です。そのままなんでも吸収してしまいます。

 

私の2人の息子達も、「サムス」のマギー先生に幼い頃にお世話になり、本当にたくさんのことを学ばせていただきました。

 

(ご参考まで・・・・)Sam’sはあくまで現地校ですので、先生方もお友達も、通常のカリキュラム(時間割)を日常通りこなしていくなかへの短期留学という体験になります。そのため、いくら幼いお子さんといえども、英語での指示が理解できる程度の最低限の英語力は必要になります。

 

私は、限られた時間(だからこそ)、このような留学体験を通して、同世代の海外(シンガポール)のお友達はクラスで「なに?」を、「どのように?」、「なぜ?」、学んでいるのかなぁを親子一緒に感じる(体験する)ことが、現地校に参加できる最大のメリットだと考えています。

 

このような体験はあきらかに単なる「旅行者」という“guest”ではありません。一人の「生徒」として現地校での貴重な「短期留学体験」を最大限お楽しみいただきたいと考えています。

 

インリンガ・シンガポール

P1100132117歳ごろからのお友達のクラス

  • 【授業時間】: AM8:00からPM1:00
    【授業料】

: 645(S$)/1週間

: 1,096(S$)/2週間

 

クラスが2人から5人のレベル別少人数制です。アジア系・ヨーロッパ系の方が学びにきています。あまり英語に自信がなくても、少人数クラスで丁寧に教えてもらえるので安心です。

 

インリンガ・シンガポールは、オーチャード通りにあるので、授業のあとは、ショッピングも楽しめますよ。すぐ隣の高島屋のフードコートには和食もあります。お母さんも一緒に学ぶことができますよ。お子さんとクラスは違いますが、同じスケージュールで行動できるので便利です。

 

2009年夏以降、現在、子供向け(中学生以下)のクラスの編成は流動的です。また、WEBから入力できる入学前の英語力確認テストも必要です。入学条件等、詳細は、具体的なご希望日程等をお聞きした上、インリンガ・シンガポールに確認後、お答えします。

 

YMCA School

P103005712歳以上のお子さんのクラス

【授業時間】: AM9:00からPM5:00
【授業料】:内容やテキスト代により変動

 

 

 

シンガポールは、周辺アジア諸国から「英語」と高いレベルの教育を求めて多くの子ども達が集まってきています。その子ども達をシンガポールの公立の学校へ入学させるための準備コースです。「英語」も「数学」も学ぶことができます。公立の学校へ入学するために、諸外国からの留学生たちが一生懸命勉強していますよ。

 

この機会に、しっかり英語をマスターしようと思っている中・高生にはお勧めです。1階がホテルのフロント、寮もありますので、お子さん単独の留学でも安心です。

2009年夏以降、「小学生」及び「短期留学」の受け入れは厳しくなりました。また入学の際には、事前に英語力の確認テストがあります。10週間の留学になりますので、「就学ビザ」の申請手続きが必要となります。時間に余裕をもってご計画ください。

 

個別Tutor(家庭教師)

2011.sin. 10111小学中・高学年以上のお子さんむけ

【授業時間】: 先生との交渉により自由設定が可能
【授業料】: 回数・時間により変動

 

 

 

小学校中・高学年以上から高校生までのお友達で、特に滞在期間が1週間から2週間程度の短期の場合は、「チューター」“Tutor”「家庭教師」を依頼するというのが、効果的な場合もあります。

 

“Tutor”「家庭教師」としてお願いするのはCHESホリデークラスでお世話になっている先生方です。たとえ短期間であろうと、“Tutor”「家庭教師」であれば、レベルを合わせた授業になりますし、帰国後、これから「なに」を「どのように」学んでいけばいいのかもテキスト付きでアドバイスしてもらえます。もちろん「英語」だけではなく「中国語」をお願いすることもできます。

 

たとえば、午前中は親子で街中を「探検」して、午後から夜にかけて“Tutor”「家庭教師」をお願いするのもいいかもしれません。パッケージツアーではないので、一歩外に出ると、すべて「英語」でのコミニュケーションが必要になります。親子で、一緒に街中を探索するだけも、結構、エキサイティングな「英語」体験になるはずです。

 

ただ、個別Tutorは、あくまで先生方の空き時間にお願いするものです。滞在日程によりお引き受けできない場合もございますので、ご了承ください。

 

シンガポールでの滞在先

シンガポールは「教育立国」であると同時に「観光立国」でもあります。ここ数年観光資源開発にも力をいれているので、特に日本の春・夏休みはシンガポールのホテルの宿泊予約はとりにくく、宿泊費用も他の季節よりも 高めに設定されています。

 

1週間程度の滞在であれば、航空チケットを手配すると同時にパックで宿泊予約も済ませたほうが割安な場合が多いのも事実です。

 

もちろんご希望があれば、こちらからホテルの宿泊予約のサポートをさせていただくことはできます。ただ、予算的に比較されるのであればご希望にそえない場合もございますのであらかじめご了承ください。

 

ホテル以外にホームステイ・シェアハウス先もご案内することができます。ホームステイやシェアハウスの場合、基本的に一人部屋のためプライバシーは守られますが、食事や帰宅時間などそれぞれの家庭の宗教や習慣によって決められたルールもありますので注意が必要です。また宿泊先が学校から遠い場合、通学が不便になることもあります。観光旅行的な基準で比較されるのであればご希望にそえない場合もございますので、こちらもあらかじめご了承いただけるとありがたいです。

 

留学サポート・手配料

【留学サポート・手配料】:52,500円(消費税込)/一組

「 CHES親子留学サポート」は、いわゆる旅行業にいう「募集型企画手配旅行」(主催旅行)とは異なります

 

留学サポート・手配とは、申込者が希望する留学先への入学・参加申し込み手続きの代行、家庭教師(Tutor)、滞在先の手配(ホームステイ、寮など)の申し込み代行、出発に当たっての情報提供をおこなうものです。

 

詳細につきましては必ずこちらの「CHESシンガポール親子短期留学利用規約」を必ずご参照ください

 

注意事項

  • 航空券は、留学先の入学日に必ず間に合う(遅くても日曜日着)ように、ご自身で手配ください。
  • シンガポールに入国の際には、最低でも6ヶ月間の有効日数を残すパスポートが必要です。(日本国籍保有者で、観光目的の3ヶ月以内の滞在であれば、ビザ(査証)は事前取得不要です。)
  • 海外旅行保険が必要な方は、当社で手配します。(実費が必要)
  • 留学先・滞在先によっては、送金費用の実費(1件6500円)が別途必要になります。

 

  2013.ches.sin.top

まずは、「CHES親子短期留学の見積もり」からご依頼ください。

受け入れ人数には、限りがありますので、ご希望の方はお急ぎくださいね。

(1シーズン10組程度を予定しています)

button

2週間を越える長期間の留学も手配できますので、ご希望の方はご相談ください。

【お詫び】申し訳ありませんが、プリ・スクール移転・新入生受け入れ準備、CHES保育園開園準備等に専念したいと思っておりますので、CHESシンガポール親子留学のご案内は、しばらくの間停止させていただきます。ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

 

実は、私自身…

長男がまだ時間に余裕がある小学生の間にと考え、カナダへの2週間の「親子留学」を企画したことがありました。知人から、そのご友人を紹介していただいたごくプライベートなホームステイ企画です。

 

友人のご自宅の滞在費用として、当時で700(US$)×2(週間)+手数料550(US$)。現地でのアクティビティ(YMCAキャンプ)の費用が500(US$)×2(週間)。これだけで1人、約30万円。あと、さらにカナダとの往復の飛行機代が必要でした。

 

現地で学ぶことができる内容をよく検討したものの、この金額では、さすがに考え込んでしまい、企画段階で断念してしまいました。

 

結局、中学1年になった長男は、バスケットボールの新人戦が終了した8月後半のタイミング(9月の新学期には1週間ずれ込みましたが・・・)で、単独で「YMCA-School」に2週間留学することに。

 

2週間のシンガポール単独留学から、無事帰国して、最初の一言は…

「明日から、また、シンガポール行きたい! こんな機会を与えてくれて本当にありがとう」でした。

 

長男は、CHESホリデークラスを担当している先生宅にホームステイしながら、YMCA-Schoolに通って、英語を勉強していたのです。YMCA-Schoolは、海外からの留学生を受け入れて、しばらく英語を学んだ後、シンガポールの公立中学・高校に編入させることを目的に運営されているのです。

 

ところが長男のクラスは、約20名ほどの生徒がすべてチャイニーズ。年齢は、長男と同じ年の12歳から18歳まで。もちろん、すべての生徒は、親元から離れての単独留学です。

 

長男が、あるとき、留学先の友人の1人に「勉強好き?」と聞いたそうです。すると、その友人はすかさず「もちろん!」という答え。続いて「勉強して、自分の気持ちと、人生を変えたい!」と。

 

なんだか、すごい! ですよね。その子は、まだ14歳。日本と中国の「危機感」の違いなんでしょうか。この言葉を聞いて、さすがに普段はぼんやりしている長男もかなり衝撃を受けたようです。帰国後、ほんの少しだけですけど、大人になったような気がします。

DSC05033 
(詳細は、こちらのBlogに写真付きでアップしていますので、ご参照くださいね)

 

この機会に、あなたもお子さんと一緒にぜひ、経験してください!
私たちが、シンガポールの教育現場で感じた「Nice Surprise」を!

ただ…、受け入れ人数に限りがあります。 ご希望の方は、お急ぎくださいね。

 

CHES親子短期留学見積もり依頼は、いますぐこちらから。かんたんにできます。

button

【お詫び】申し訳ありませんが、プリ・スクール移転・新入生受け入れ準備、CHES保育園開園準備等に専念したいと思っておりますので、CHESシンガポール親子留学のご案内は、しばらくの間停止させていただきます。ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。


2017年冬休みホリデー・クラス募集開始♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ