ホリデー・クラス過去開催の様子

CHESホリデー・クラスは2006年12月のウィンター・クラスからスタート。以降、できるだけ春・夏・冬休みには開催してきました。これまでの軌跡をここにまとめていきます。

 

ただ、こうしてまとめてみると、わずか数年だと思っていたのですが、CHES-Friendsはみんな大きくなってきたなぁ。思わず歴史を感じてしまいます(笑)

 

2012年冬休みホリデー・クラス

2012年CHES冬休みホリデー・クラスはカレンダーの関係でわずか3日間の開催スケジュールになってしました。それでも、とにかく思いっきりFun Activity 「英語で楽しむ」ことにフォーカス、まるで「トレジャー・ハンティング!?」のような3日間に。

CIMG0444

わずか3日間のウィンター・クラスだったけど、壁に張り付けられたどれもこれもからは、作業しながらの大きな笑い声や、時には小さないざいこざによるちょっぴり涙目、あ~なるほどッと納得できてキラキラ輝く瞳…、いまだにそのときのCHES-Friendsの興味深々の息使いまでもが聞こえそうで、すでになんどもなんども拭いたはずの床なのに、それでもついつい改めて磨いたりしておりました(笑)

CIMG0435

詳細はこちらからご覧くださいね。

http://kobe-ches.jp/2013/01/625/

 

2012年夏休みホリデー・クラス

2012年CHES夏休みホリデー・クラスのテーマは「It’s Living」。「生きとし生けるものすべて」という壮大なテーマで(汗)幕をあけることになりましたぁ!

CIMG6669

「生きとし生けるものすべて」のスタートは、哺乳類から。 「mammal」って聞いても、最初はピンとこなくて…。でも、しばらく英語で説明を聴いているうちに、お友達の頭のなかで「知らないコト」と「知ってるコト」が関連した瞬間! 「ああぁ! なあ~んだ、そういうこと」と、すっと素直に理解できちゃうところが、ホント、この頃のお友達の感性は、素晴らしいですよね。

CIMG7213

詳細はこちらからご覧くださいね。

http://kobe-ches.jp/2012/09/612/

 

2012年春休みホリデー・クラス

2012年CHES春休みホリデー・クラスは「Around Me」を英語で体験しました。今回のスプリング・クラスのTOPICは、Around Me。自分自身のことや毎日の習慣、住んでいる街、などなど・・・、お友達の最も身近(Around Me)な事柄にフォーカスし、日常生活でよく使う英語の習得を目指したのです。もちろん、今回も英語の歌や工作などのActivitiesも盛りだくさん!

 

お馴染みの曲、“Brown Bear, Brown Bear, What Do You See ?”は、CHES-Friendsが、いつも盛り上がる定番中の定番♪ いまだに私の頭のなかでは、グルグルと歌詞が回り続けているのです…(笑)

 

2011年春休みホリデー・クラス

2歳から幼稚園ぐらいのお友だちのクラスと、幼稚園ぐらいから小学校のお友だちのクラス、このように2クラスで同時開催できるようになったのは、2011年CHES春休みホリデー・クラスからなんです。

 

2009年冬休みホリデー・クラス

シンガポールのインターナショナルスクールで現役の教師を続けながら大学に戻って勉強していたJoyce先生が急きょ来られなくってしまい、日程変更に。ピンチヒッターとしてBrenda先生が来日。Brenda先生の丁寧で優しいTeachingにCHES-Friendsの視線はくぎ付け。

 

2009春休みホリデー・クラス

今回のホリデー・クラスはMs.Jasmine先生とMs.Ivy先生が来日。とっても愉快な先生方で朝のサークルタイムからChildren were so excited!!

 

“How’s the wether?” 思いっきり晴れなのにいきなり悲しげな顔で”Oh! It’s rainy!”とMs.Jas。子どもたちは大きな声で”NO!! It’s sunny!!”と反論。しばらく漫才のようなやり取りがつづきます。(^_^)一日中こんな調子のhigh tension、本当に楽しくって仕方のない時間はあっというまにすぎてしまい。Good-by songの時間には「えぇ~、まだ一分しかたってない!!」とMちゃんを筆頭に大きな声がきこえます。

 

そして最終日のAssemblyの後もとつぜん披露してくださったballoon-show! わたしもさすがにSUPPRISE!!

 

心がわくわく動くとき。心があっ!と驚くとき、たくさんのことを学ぶことができるのだということに改めて感動しました。

f:id:kobe-ches:20080324131433j:image

詳細はこちらからご覧くださいね。

http://kobe-ches.jp/2009/04/452/

http://kobe-ches.jp/2009/06/455/

 

2008年夏休みホリデー・クラス

この年の夏休みホリデー・クラスはHuishann先生がお母さんと一緒に来日。参加したお友だちはいままで最高の約30名。開催前は、この人数ではばたばたしてしまうのではないのかなぁとかなり心配したのですが…、Huishann先生とお母さんの性格なのか、終わってみればなんとも秩序ある穏やかな開催でした。

 

2008年春休みホリデー・クラス

CHESホリデー・クラスの開催も4回目にもなるとお友だちもすこしずつ成長している様子がよくわかります。でもね、すこし油断しているとお友だち同士はついつい楽しすぎて大声で「わいわい・がやがや」。これでは、ジョイス先生の声もついつい大声に。

 

こんな大騒ぎをよそに、ジョイス先生に、どうしても直接質問したいから「どのように英語で表現すればいいの?」か教えてと、こっそり相談しにくるお友だちもいて。教えてあげると、すぐにジョイス先生のところへ。聞きたい気持ちを素直に表現する。こんな場面で身につけた表現力こそ、きっと一生忘れない本当のコミニュケーションの力!

 

2007年冬休みホリデー・クラス

なんでもすぐに質問攻めにするお友だち、ついつい日本語でも質問しちゃいます! こんなお友達と一緒に数日間過ごすと、いつしかアイシャ先生の口癖は、日本語の「わっからな~い!?」。でも、心のなかにある「伝えたいこと」をとにかく伝えようとする「思い」がコミニュケーション。言葉はただの道具。大切なのは、気持ち、気持ち! 5感を使って一生懸命に伝えているうちに、なんとなく耳から入った「英語」が、いつしか自然に口からでてきて、やがてなんとなく「英語」を軸にコミニュケーションが成立!?

 

ホリデー・クラス開催期間中はいつものことなのですが、この様子は頭が少し固くなってしまった大人の視線からでは不思議な光景にみえてしまいます。反射なのでしょうか。瞬発力なのでしょうか。子どもたちの秘めた能力には関心させられてしまうばかり。

 

2007年夏休みホリデー・クラス

この年の夏は本当に暑かったんですよ。日本初体験のジョイス先生も「日本は、シンガポールより暑い」とポツリ。エッ!? シンガポールって赤道に近い近いんですよねぇ。でも、子どもたちは、暑さもヘッチャラ! とんだり! はねたり! 英語で歌ったり、踊ったり、読み聞かせてもらったり、あッという間の2週間でした!

 

2007年夏休み:ジョイス先生からの応援メッセージ

 

2006年CHES冬休みホリデー・クラス

2006年12月18(月)から12月29日(金)の開催。これがCHESホリデー・クラスの記念すべき第1回開催。会場は息子たちがお世話になっていた「ドルフィン幼児教室」。年末の大事な時期にもかかわらず、菅原先生がCHESのために快く教室を提供していただいたのです。感謝。

rireki12_jugyo2

最初は、神妙な表情のお友達も音楽に合わせて、英語で表現しているうちに、やがていつもの楽しそうな笑顔がこぼれはじめます。でも、実は、「小さな発表会」が終了したその時、一番が輝いていたのは発表会が始まる頃には、子どもたちの様子を心配そうにみていたママ・パパたちの安心した満面の笑顔。

rireki12_teachers

そしてドルフィン幼児教室の菅原先生からは、ねぎらいの言葉とともにアイシャ先生に花束、そして10日間楽しく一緒に英語で勉強した子ども達からは、日本文化が漂う…お土産(おかきやおせんべい)が送られました。


2017年夏休みホリデー・クラス募集開始♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ