もうすっかり春ですね。CHESはこれからも”Play, Learn & Grow Together”


CHESはこれからも”Play, Learn & Grow Together”

CHESが神戸の垂水でインターナショナル・プリスクールとして始動したのが2010年の9月。元号も変わる節目の2019年は、おかげさまで10周年を楽しく迎えることになります。10年といえば確かに一言で10年なんですが、当時のアフター・クラスの生徒がすでに大学生だったり、昨年の「トライアル・ウィーク」では中学2年生になって教室に戻ってきてくれたりと、このようなかたちで子どもたちの成長過程を目の当たりにすると、あーなるほどこれが10年という月日かと、さすがに感慨深いものがあります。

かつて近所だった桜並木を散策してきました。

インターナショナル・プリスクールの新入生の受けいれ準備やら、小規模保育園CHES垂水駅前の開園のお手伝いやらでばたばたしている最中とはいえ、先日あまりの春の陽気に誘われ、ついついふらふらと息子たちのかつての通学路を散策してきました。実は、そこは桜の隠れた名所。この季節になると、桜や季節の花でにぎわう様子を見るのが通学に付き合う楽しみの一つでもあったのです。

しばらく足が遠のいていたその場所は、 驚いたことにかつてはまだ小木だった桜がすっかり大きく成長していて、咲き誇る様子はまさに盛りを迎え「繚乱」という表現なのでしょうか、お見事でした。帰宅後、桜が成長したのと同じようにすっかり子どもとは表現しずらくなった息子たちに撮ってきた画像を見せると、かつての幼い声ではなくすっかり声変わりしたズ太い声で、、、 「ほんまにでかなったなぁ」と、まあぁそれなりには感慨深げでした。

大きなバックパックを背負って通学する息子の背中をおした坂道

でも、この坂を毎日毎日重そうなバックパックを背負い、ひっくり返りそうになりながら通学していたよねとか、夏になると途中の噴水池のところのアメンボを暗くなるまで見ていて、いつまでたっても帰ってこないからよく心配してたんだよとか、「あれは絶対アライグマやって。ほんまにみてんから」と興奮しながら帰ってきたこともあったよねとか、雪のなかに梅の花が咲いているの見つけて「もうすぐ春や」と白い息を弾ませたこともあったよねとか、桜をみたことでこーんなことを一瞬でぐるぐる思い出していたことは 、少年の域からすっかり青年の域にはいりそうな息子たちには 話さず、そっとかみしめておくことにしました。

CHES恒例のお花見ピクニック

一方、CHESでは毎年恒例のお花見ピクニック。White Owl,Red Fox, Blue Birdへとそれぞれ新たに進級したお兄ちゃん・お姉ちゃんたちが新入園児の手をひっぱっていく様子は、こうしてまたみんなが1年分しっかり成長したんだなぁということを充分に感じさせてくれる頼もしさが。そしてスタッフも、この4月からはMr.ジュリアンとMs.サエを迎え、10周年という区切りに向け新たなリニューアル・オープンの気持ちで改めてスタートをきっていきたいと思います。できることならWebサイトもリニュアルできればとも。

相変らずおお甘のMr.ショーン。。。

とにかく2019年というのはなにやら慌ただしくなりそうな年で、さっそく改元の知らせが響き渡り、秋には幼児教育の無償化が実施されることになり、そして日本でもようやく英語教育が見直されるきっかけとなりそうな2020年度にむけての教育改革が実施されていきます。

さっそくもみくちゃにされるMr.ジュリアン

以前にもお伝えしたと思うのですが、「英語教育」についてはたとえば 小学校では3年生から英語の授業が 始まり、中・高校では「 授業を英語で行うことを基本とする 」とうたわれていたりと、従来の「読む」「書く」を中心としたカリキュラムではなく、「聞く」「話す」の2技能を追加したいわゆる「4技能」をバランスよく高めていくというように大きく変化することになります。

本当に10年も経てば、環境もずいぶん変化してしまっていくのかもしれませんが、CHESを立ち上げた当初からなんとなく感じていた日本の幼い子どもたちへの「英語教育」のミスマッチ感がはやく解消されていくことを祈りながら、せめてCHESで出会えた子どもたちには「英語で」体験することで刺激される純粋な知的好奇心を大切に育み、これまで通り日々の活動を「英語で」楽しんで欲しいなぁと考えています。

この10年の運営を通して感じることは幼い子どもたちが生まれながらにもっているそれぞれのタレント(良い悪いという才能ではなく)が開花するのは、学校等の家庭外の環境だけではなく家庭内の環境も含めさまざまな環境が大きく影響するんだろうなぁということです。特にこれからの数十年は、技術革新のおおきなうねりのなか私たち親世代の過去からの価値観なんて全く通用しなくなるのかもしれません。ただ、だからといって家庭内の環境をないがしろにし、家庭外の環境さえ整えば子どもたちは自然と成長してくれるだろうなぁと楽観するのではなく、これから起こるかもしれないおおきな変化やうねりをパパ・ママも一緒にわくわくしながら体験していこう! ぐらいの意気込みで子どもたちの成長を見守ってあげて欲しいなぁと思います。

さて、あと10年後。令和10年までにどんな楽しいことを一緒に体験できているのでしょう。。。 ”Play, Learn & Grow Together”

まだ春の新入生応援期間(入会金20,000円免除)中です。1歳半からのプリ・クラスも若干名空きがありますので、ご希望の方はこの機会にぜひ無料のトライアル(体験)にご参加くださいね。お待ちしております。

そういえば、サイトのTOPに張り付けているこの動画はCHESはじめての卒園式の茶話会用に編集したものです。CHESの10年間の歩みを振り返って懐かしんでいただけるかかもしれません。


1.5歳から2歳児の新入生募集受付中♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ