薫風にあおられ、気持ちも引き締まる思い(^▽^)/

CIMG6401

薫風の候、本当に好い季節になってきましたね。CHES Gardenでは、「Plant」がテーマのときにCHES-Friendsみんなで植えたトマトやキュウリ、ピーマン、コーンもすくすくと成長し、なかでもトマトはすでに小さな実を結びはじめています。

CIMG6402

どろんこになりながらも、自分自身の手を使ってみんなで植えたので、当然、関心もひときわ。毎朝、水やり当番も決めて、せっせとお世話。「もう10cmも大きくなってんでぇ」などと、お世話当番が自慢げに話をしているのを傍で聞いていると、ニュースや本で観ただけではない、CHES-Friendsみんなの「植える」から始まった実際の「体験」が、「水やり」「成長」「水やり」「成長」…という時間のなかで植物の成長ともリンクしながら、すくすく「成長」しているようで、とても面白いです。

 

こうして実際に「体験」していくことは、本当に大切なことなんだろうなぁと改めて感じつつ、さらにみんな一緒に「共体験」していくからこそ、そこで「感じたこと」「見たこと」などを瞬時に共有したいがための様々な「言葉」が必要になってきて、「Look! Look!」「見てみて」「Scare!」と、英語や日本語というカテゴリを抜きにしてでも、次から次へと「口」から言葉が自然とでてくるようになるんだぁと、なんだかすでに頭では十分理解しているつもりのことなんですが、私も改めて腑に落ちる良い「体験」をさせてもらいました。

 

5月、他にもCHESの教室ではさまざまな「体験」をすることができました。ある日のこと、ヤン先生がみんなの前でサラダオイルをもってなにやら説明を始めます。テーブルの上には、大きなお鍋、小麦粉、塩、そして大きなフォークとスプーンが用意されている。もうこうなると…、恒例のCooking Party!?

ところが、ヤン先生は大きなお鍋に塩を全部いれて(しょっぱ過ぎ!)、さらに水を…そして小麦粉、サラダオイルと次々にいれていきます。

CIMG621211

全部一緒にして、あとは混ぜる混ぜる! このままでホント大丈夫なのかなぁ。

CIMG6224

いつもは若干かしまし気味な(^O^)二人も、このときばかりは声をひそめてかなり不安げな様子で見守っております。

CIMG6205

混ぜ終わると、少しずつ小分けにして、みんなで手でこねる。

CIMG623711

もうこうなると、ほぼどろんこ遊びの要領なので、CHES-Friendsも得意中の得意♪ 一通りこね終わると、それぞれ好きな色の絵具を選んで(エッ! 絵具ですかぁ、Cookingじゃないんだぁ(;^_^)、この塊に混ぜ合わせていきます。そしてできあがったのが、↓こちら。立派な小麦ねんどの出来上がり♪ これから教室で使うのが楽しみo(^▽^)o

CIMG6253

他にも「体験」は盛りだくさんで、「Music Instrument」がテーマのときには、CHES卒業生のパパとママがご近所のよしみでギターを持って駆けつけてくれて、もちろん歌うのはあのHit Song! 「Let It Go」♪

CIMG6292

また、ヤン先生がお義母からわざわざ琴を借りてきてくれたので、CHES-Friendsは実際に自分の手で触り感触を確かめることができたり、さらには奥さんも静養中にもかかわらず駆けつけてくれてピアノの伴奏\(^▽^)/

CIMG6325

なんだかとても贅沢な「体験」をたくさん積み上げることができました。こうしてさまざまな「体験」をみんなで一緒に体験するうちに、一つのグループとしてのまとまりのようなものもいつしかできあがってきて…、

CIMG6397

先日のCooking Partyでは、(ナーサリーの)Yellow Kangaroo Classと(キンダーの)Red Fox Classが一緒になって開催しても、キンダーのお兄ちゃん・お姉ちゃんがナーサリのお友だちと自然とbuddyを組んで楽しんでいる様子をふと目撃してしまうと、もう頼もしい限り。

CIMG6361

兄弟姉妹が少なめで、家でもおじいちゃん・おばあちゃんも含めて暖かく見守られながら大切に育てられているお友だちにとっては、CHESの「教室」というゆるやかな秩序のなかでの穏やかな水平・上下の感覚もむしろ新鮮で心地よく感じられるのかもしれません。

 

今年度は、特に「小規模保育園」の運営も並行してみる機会が増えてきているので余計にそう感じるのかもしれないのですが、まだ幼いお友だちにとっては、親・祖父母以外の第3者的なゆるやかな上下的関係、また兄妹姉妹以外の第3者的なゆるやかな水平的(横)関係を楽しめる「体験」ができるのかできないのかで、(大げさな表現になるのかもしれないのですが…)その後の社会とのかかわり方に大きな影響ををおよぼすような気がします。

 

CHESという空間も、単に楽しく学べる教室という意味合いだけではなく、子どもたちが将来社会に心地よく飛び出せる準備ができる「器」としても、これからも大事に育んでいきたいなぁと、時折まだ肌寒さも感じる薫風にあおられ、改めて気持ちも引き締まる思いです。


2017年冬休みホリデー・クラス募集開始♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ