いってらっしゃい。おかえりなさい。そして、ありがとうございます。

先月、パパの転勤のためアメリカに出発したHくんのママから嬉しいお手紙をいただきました。

 

image-h

 

たしか春ごろ、パパのNY転勤が本決まりになったころにママから「子どもたちはアメリカの生活に慣れるでしょうか」と相談をいただいたのが、Hくんとのはじめての出会いでした。

 

Hくんは、妹のAちゃんが少々ぐずっても後ろで静かに見守ることのできる優しいお兄ちゃん、しかも「So smart」。ただ、5歳前後のこの時期、スマートさはかえって「英語」という異国の言葉を学ぶには結構微妙だったりもすることも。

 

就学前後のお友だちはまさに「学ぶ」時期真っ盛りなので、興味のあることは何事においても素晴らしいスピードで吸収していくのですが、スマートであればあるほど「一物一名」という感覚が鋭過ぎることがあります。

 

a0001_004029

 

たとえばこのような「木」の写真を見たとすると、日本語でもこの写真を「木」と表現するのか、「松」と表現するのかでとまどったりしてしまうことが実際にあるのです。以前聞いた説明ではたしかに「木」という言葉で表現していたはずなのに、今回は「松」? 「木」ではないの? さらに「林」とかがでてくるとさらに戸惑ってしまいます。「松」<「木」<「林」みたいな関係を整理できるようになるのには、少しの説明と時間とが必要になります。

 

同じように「木」という言葉が定着していればいるほど、これは断じて「木」であって、「tree」ってなに? という感覚がでてきたりすることも。日本語とは違う「他言語」としてしっかり認識できてしまうので、耳からはいってくる言葉もかえって素直に受け入れにくくすることがあるようなのです。

 

個人的な経験からお話しすると性格の影響もあるのかもしれないです。幼いころ、長男はどちらかといえば神経質な割にはアバウトなところもあって、「松」? 「木」でもええんちゃうの(^0^)? フフ~んってな感覚だったのですが、次男は「小学校」を「elementary school」と表現するのか「primary school」と表現するのかで友だちと本気 (-_-#)で言い合いをしなければいけなかったほど頑固だったことを思い出したりもします。

 

文面にもあるように、HくんがはじめてCHESの教室にきたときは、スマートさゆえにやや戸惑いを感じているようでした。もちろん、転勤でNYに行くことで生活がすっかり変化してしまうことにママも少し戸惑いを感じていたので、そんなママの不安も敏感に察していたのかもしれません。

 

でも、やっぱりスマートはスマート。少し時間が必要だったのですが、Hくんはこの2か月着実に学び始めていました。なので、アメリカに行ってもきっと大丈夫だと思います。おまけに、妹のAちゃんが困らないようにいつも静かに見守ろうとしていたお兄ちゃん気質のHくんと、甘えながらもそんなお兄ちゃんに守られていることをちゃんと認識しているAちゃんなので、たとえアメリカに行っても二人はしっかりやっていけると思いますよ。

 

いってらっしゃい! また帰国した際には、教室に遊びにきてくださいね。お待ちしています。

 

夏休みって、お盆もあるし、そんな季節でもあるのかもしれないですね。

 

来週から始まる夏休みホリデー・クラスには、転勤などで関東方面にお引越ししていたCHES-Friendsが嬉しいことに数人参加してくれることになっています。みんな、おかえりなさい! こういうのって、なんだかなにかの縁でずっとつながっているような気がして素敵で嬉しいです。そして、個人的にはもう一つ、超嬉しい「おかえりなさい」があります。

 

今回の夏休みホリデー・クラスも6週間の長丁場なのですが、後半の3週間には、すでに卒業したCHES-Friendsのお姉ちゃんがアシスタントとして参加してくれることになったのです。CHESがリニューアル・オープンしたときにはすでに彼女は中学生だったので、小学生の妹二人を連れてきたりお迎えにきてくれたりしていました。

 

そんなお姉ちゃんが、いまはすっかり外国語大学の学生なんですよぉ。月日の経つのは早いですよね。ホントびっくりです。はやく卒業してCHESに先生として帰ってきてくれたら嬉しいのになぁという私の個人的な気持ちを込めて、夏休みに帰省するタイミングでお手伝いをお願いしました。

 

そういえば、CHESも今週で学期末。先週からは学期末の気分を盛り上げべく、恒例の打ち上げパーティーが続いていたのですが、当時はまだ幼かったCHES-Friendsもすっかり成長しているのです。

 

CIMG2521

 

教材で「ズッキーニ」がでてきたので、今回はズッキーニをつかってスパゲッティをつくることにしたのですが、アフター・クラスのお兄ちゃん・お姉ちゃんたちは、「ちゃう、ちゃう。切るときは猫の手やってぇ」、「調理実習で習ってんからぁ」と、率先して準備を手伝ってくれました(^0^)。教室にはじめてきたときは、ママの後ろに隠れていたこともあったのに、みんなすっかり大きくなったね。

 

CIMG2543

 

玉ねぎを切りながら(T_T)、涙をこらえるお兄ちゃんもいたりして、教室中は準備するだけでもわいわいがやがや大にぎわい。もちろん、まだ少し小さなCHES‐Friendsをちゃんとお世話することも忘れてはいません。

 

CIMG2560

 

本当にみんな成長しているんだなぁと、感動していたのは私だけではなかったようで、「CHESのおかげで大きくなりましたってことで(^0^)」とお迎えにきていたママたちとも顔を見合わせて大笑いでした。

 

ホント、もしかしてそうこうしてる間に何年か経って、ある日突然、巣立っていったCHES‐Friendsが教室に帰ってきて、「まさみ先生! あとは、私がしっかりやりますよ!」とか言ってくれる日が来るのかも…( ¨)(遠い目)。それまでは私も頑張らなくちゃ! そのときには「おかえりなさい!」って、ちゃんとお迎えできるようにいくつか教室も準備しとかないといけないですよねぇ(^0^)フフッ。

 

そして、本当にありがとうございます。

 

来週からの2013年CHES夏休みホリデー・クラスは、おかげさまでほぼすべての週が満席になりました。今回は教室やサイトの引っ越し騒ぎで告知の準備がやや出遅れてしまったので少し心配していたのですが、昨年を上回る申込みをいただき感謝・感激でございます。いつもCHESの運営にご理解・ご協力いただき感謝しております。心より厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。

 

さぁ~、来週からはいよいよ夏休み本番!

 

この夏も思い切りみんなで楽しもうね。


2017年冬休みホリデー・クラス募集開始♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ