6月のCHES‐Friendsも超元気!

7月が始まりましたね。今年ももう後半がスタート。私は、嗚呼(*_*)!あれもしなくちゃこれもしなくちゃと、気ばかり焦る日々を過ごしておりますが…、私の頭の中の混乱状況とはうってかわって、教室のなかは気候もよく快適、CHES-Friendsも超元気! おもわず私も元気をもらってる感じ(^v^)です。

CIMG2396

 

さて、7月になったので、さっそくマリス先生・ソフィア先生からのレポートが届きました。6月のクラスの様子と7月の予定も書かれていますので、ぜひご参照くださいね。

Things they learned:

Last month – June, we had a full packed activities. We had fun with catching different insects at the park like beetle, butterfly, ant and lady bug. As well as seeing a cherry tree. Children drew their own beetle according to their designs some are colorful and some are black only.

CIMG2385

 

Added to that, children already knew the Jolly Phonics Songs. Children love to sing “so many things for you to learn about, so many ways to sing your song”.

 

Furthermore, we celebrated the Father’s Day. Children made a simple present for Papa. We prepared the Tanabata Festival decorations. Small and big children wrote their wishes. Every one enjoyed everything at school.

 

5月の母の日に続き、6月の父の日にはパパを紙コップで描いてみました。そしてひと足お先に7月の「七夕」も。教室に大きな笹を飾りたかったのですが、枯れるちゃうと管理が難しくなってしまうので、みんなの願い事は壁に飾り付けることに。

 

CIMG2423

 

「新しいペンが欲しいぃ」というかわいい願いごとから、「コンピュータやゲームが欲しいぃ」、さらには「お医者さんになる!」という超リアルな願いごとまで(^o^;)、幅広く集まりましたよ。

 

Set of Activities:

This coming month we will be having different fun activities for your child, we will make and do the following exciting deeds:
  • Homemade Sponge Shapes with paints
  • Naming lots of Animals
  • Counting bigger Numbers
  • Using Flashcards
  • Water Playtime
  • Practicing good manners

 

6月末、月末恒例お誕生日会でのできごとです。今月のCookigはフルーツとジュースを混ぜて楽しんじゃおうというごくシンプルなおやつ。ただ、今回ばかりはそうは簡単にはいかなかったのです(^o^;)

 

CIMG2437

 

いつもなら余裕の笑顔なのに、なぜかおやつを目の前にみんなの神妙な表情。。。実は、お皿を配られる前にマリス先生からあるお達しがでたのです。そのお達しとは…、“Use fork and spoon. Don’t use your hand.” ええッと一瞬かたまる (-_-;)

 

CIMG2439

 

まずマリス先生からフォークとスプーンの使い方の説明。とにかくはやく食べたい気持ちをぐっとこらえ、その様子を真剣に見つめるお友だち。説明を聴いたあとは、さっそく実践。

 

CIMG2450

 

お皿にのせられたフルーツを一口サイズに切り分ける作業に集中。そしてきれいに一口サイズにできたら、いったんボールに戻してオレンジジュースと混ぜ合わせる。これでようやく完成。

 

CIMG2495

 

ただ、実際に食べ始めると、さすがにはやいはやいヾ(^0^)ゞ ボールの前ではすでに“One more please!”の大合唱。

 

CIMG2490

 

でもね、今月のCHES-Friendsは一味違うのです。食べ終わったお友だちは、紙皿を自分のテーブルからもってきてゴミ箱に。さらに使ったフォークとスプーンは、それぞれ区別して後片付け。

 

CIMG2494

 

お見事でした(^o^)/ “Practicing good manners”については、7月も引き続き意識していきますね。

 

Things to do to help your child:

  • Talk to your child about what they are doing at school.
  • Listen to different nursery rhymes with your child.
  • Encourage them to be independent at school.
  • Continue talking to them with simple common English words.
  • Spend more time playing with them at the Park.
  • Don’t push your child too much in studying just have fun.

Thank you.

そうそう、少し余談になるのですが、3歳前後から就学前の子どもたちの成長段階でのテーマを「積極性(イニシアチブ)VS.罪悪感」と表現することがあります。

 

2歳前後の「幼児前期」から、子どもたちの能力はさらにパワー・アップ! 「運動能力」は「歩く」から「騒ぐ」(汗)!  「言語能力」は「しゃべる」から「しゃべりまくる」(笑)! しかも「想像力」も発達してきますのでヒーローやヒロインが大好き!

 

この時期のお友達にカメラをむけると、男子は見事に仮面ライダーや戦隊もののポーズ。女子は見事にカワイぃ「プリキュア♪」のポーズ。実は、こうして「まね」をすることで、この時期の子どもたちは社会を学んでいると考えられています。

 

・・・で、たとえば教室や家でどんなことが起こるのかというと、勢いよくママ・パパ・先生・お友達にぶつかる(汗)!  大声をだす(汗)!  ことあるごとに質問攻撃(汗)! まさにパパ・ママは(私も!)冷や(汗)だらけ。

 

これらも、運動能力や言語能力、想像力とともに「好奇心」「冒険心」「探究心」が旺盛になってきている証。

 

本来であれば・・・、このような「積極性」を後ろからそっとサポートしてあげる。

 

ところが、ひと言で「積極性」を後ろからサポートというものの、まだまだこの時期のお友達は完全に「自律」(コントロール)できていません。「ぶつかる」のも「大声」も「質問攻撃」も「ヒーロー・ヒロイン」ごっこも、もう手加減なしなんです(汗)。

 

ここで必要となるのが“good manners”「秩序(ルール)」です。実は、子どもたちはこの時期になって初めて「周囲からの要求」(しつけや社会的ルール・マナー)に出会うことになるのです。そして「周囲からの要求」と「自分の内なる要求」とのバランスを学ぶことになります。

 

ただ周囲とのバランスを学ぶためには、自分をコントロール(我慢)することも経験しなければなりません。この経験の仕方が重要で、自分をコントロールすることで十分な(ほめられるなどの)達成感を得られると、自然と自分自身に自信を持つことができ、周囲や未来を信じることもできるようになる。逆に、理不尽な経験ばかりになると、子どもたちの(自分だけが罰せられるのではないかという)「罪悪感」が 強くなり過ぎ、「無気力」「無口」「親子断絶」「消極的」「孤独」「自閉」の方向に進む可能性があると考えられています。

 

つまり、子どもの「積極性」を後ろからサポートする側(ご家庭・教室の先生)にも、「周囲からの要求」と「子どもの内なる要求」とのバランスある対応が要求されているのです。

 

「子どもの内なる要求」ばかりに目を向けていると、積極的が度を越したただの無秩序な子どもに成長しかねないし、「周囲からの要求」ばかりに目を向けて「しつけ」「マナー」を一方的に子どもに押し付けていると「罪悪感」の強い子どもになってしまうのかもしれません。

 

できれば、ご家庭でも時間が許す限り、子どもたちのあらゆる行動や言動と視線をあわせて向き合い、その「行為の結果」だけではなく、「なぜ、こんなことをしたの?」「なぜ、こんなことをいうの?」という「行為の動機」にも耳を傾けてあげてくださいね。

 

今回のマリス先生からのレポートの最後にもありましたが・・・

  • Talk to your child about what they are doing at school.
  • Listen to different nursery rhymes with your child.
  • Encourage them to be independent at school.
  • Continue talking to them with simple common English words.
  • Spend more time playing with them at the Park.
  • Don’t push your child too much in studying just have fun.

 

これらの(周囲の)対応は、本当に大切なことだと改めて感じました。CHESの教室でも、これまで以上に意識して対応していきますが、できればご家庭でも、「周囲からの要求」と「子どもの内なる要求」とのバランスを意識した対応をこれまで以上に(梅雨の蒸し暑い時期、ママ・パパもお疲れのでない範囲で(^0^)お願いしたいと思います。

 

とにかく、子どもたちには、狭い(家)世界から、もう少し広い世界に積極的にでていける存在であることを徐々に認識して欲しい時期。

 

あと数年もすれば、ウチの高校生の長男のように家にも寄り付かないお年頃になっちゃいますから…、いまCHESに通うわずか数年の大切なこの時期を、パパ・ママも、子どもたちと一緒に(私たち先生も!)精一杯楽しみましょうよo(^-^)o


1.5歳から2歳児の新入生募集受付中♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ