Some activities with children during January’2013:

2013年が始まったと、思っていたら、1月も、もう月末なんですね(汗)でも、時折差し込む太陽の日差しからは着実に春にむかっている雰囲気が伝わってきます。

 

さて、2013年も、はや1か月。新年を迎えたCHESウィークリー・クラスをソフィア先生がまとめてくれたメモとともに振り返ってみますね。

 

Celebrating New Year and chill winter with children:

  Now the weather is very cold outside and also New Year has come with full of joy and happiness. We celebrate these with our children with new songs and activities in the circle time.

 

CHESウィークリークラスも、2013年が始まるとともに、Term2がスタート。今学期のテーマは「MY FAMILY & FRIENDS」です。冬休みホリデー・クラスから引き続きのTOPIC。

 

昨年の4月から数か月の時を経て、“Best Friend”の歌をバックにお互いに「しゅき♪ しゅき♪」と、ようやくハグし合える仲までに育まれてきた友情。その友情を胸に秘め、パパの転勤で旅立ってしまったお友達。嗚呼、CHESの教室にも数々のドラマがぁぁあ!!! 春先ということで、少し盛り上げてみましたが、春はあけぼの、ではなく、春は別れと出逢い、旅立ちの季節でもあるのですね(ウルウル)。

 

♪ You are my best friend forever

we wont ever let that end no never

You are here for me and I am here for you

thats what best friends do

Thats what best friends do ~♪

 

 

そしてもちろん昨年の春からの数か月、育んできたのは友情だけではありません。プリ・クラスのお友達の成長ぶりには、目を見張るものがあります。学齢(2~4歳)ということもあるのでしょうが、言葉の獲得という意味では、ホント、もうびっくりです。

 

先日も、プリ・クラスが終わり、迎えに来たママに「弟が車のなかで泣いちゃうから、早くして!」とせかされるや、「Already! It’s OK」。このやりとりを横で聞いていた私は、思わず爆笑。「Already」ときたかぁ。この言葉、「not yet」もそうだけど、意外と(時制があいまないな)日本語感覚の会話には出てこないんですよね。

 

それでも「It’s OK」はないでしょう。「なんでやねん!」とか「誰がやねん!」とか、思わず横からべたなツッコミをいれたくなりそうなのところをなんとか抑え、ママの表情を横目でみると、顔は怒ってましたけど、目は笑ってましたよ(フフッ)。

 

“Be Friend” is the theme of our learning:

Our topic is about friends and families, now the children are able to say about their family members. They know about family and can introduce their families by themselves. They gain new vocabularies like:

“Father”, “Mother”, ”Grandfather”, “Grandmother”, “Baby Brother”, “Baby Sister”

And also they could say: “I have four members in my family”, if they have four members or others.

あッ、でもね、ママ、ここだけの話、油断は禁物ですよ。

 

先日も、“family”を説明するのにあたって、私が、こんな感じが「ママ」ねと、絵を描いたんです。もちろん、私の絵の才能については皆様すでにご承知のとおり。線画でこんな風に素晴らしく描いたんです。参考資料:その時に描いたママの絵は、こちら→(^○^)

 

ところが、CHES-Friendsの数人は、なんだか合点がいかない様子。このただならぬどんよりとした空気を察して、「ごめん、ごめん、まさみ先生の絵は、あんまり上手じゃないなぁ。みんなのママはもっとかわいいもんなぁ」と謝ると、「ううん」という返事。よかった、これで“family”の説明も前に進める。と、そのとき、「ママは、そんなに笑ってないもん!」と厳しいツッコミ。そっちでしたかぁ。

 

話題をそらす意味でも、次は「パパ」。パパのイメージも、もちろん線画。どのような絵を描いたのかは紙面上割愛させていただきますが、非常口を示すために必ず登場しているような人物像を見事な「線」で描いたところ、こちらも返ってきた反応は同じようにどんよりとした空気。あれッ、パパは? CHES-Friends、すかさず、「そんなにやせてないねん!」。

 

さて、次は…、おじいちゃん、おばあちゃん、妹もいるかなぁ。ひたすら“family”について先を急ぐ私。いずれにしても幼い子どもたちの目は意外と厳しいぃようです(笑)

 

Art and Craft Times:

Within these days, we made Family tree with their family pictures. Children enjoyed it so much.

Rhyme Times:

Because of winter, we choose songs related to winter. We also enjoyed snowman song with the children in the circle time. The song titles are:
“The Winter Song”, “Five little snowman song”

リズムの時間も、冬休みホリデー・クラスでも超ウケていたこの2曲を引き続き楽しんでいます。

 

“The Winter Song”

 

“Five little snowman song

 

もうしばらくこの気温が続くようであれば、雪だるまたちがメルトダウンして、♪バイバイ♪する春までには、もうしばらく時間の猶予がありそうです(笑)

 

Counting Practice with Song:

We choose telephone song from “Let’s Go” book and now they are able to count the numbers randomly with the song.

Reading practice:

We choose new books for the children for reading practice and now a days they are able to read some simple words in English.

Alphabet practice with crafts:

We choose alphabet crafts so that the children can recognize the letter easily. Such as we made rainbow with the letter R and made snake with the letter S.

アルファベットのターゲットは虹の「R」と今年の干支でもあるヘビの「S」です。日常生活のなかで「R」と「S」がつく英語の言葉をみつけたときは、パパ・ママもぜひ一緒に楽しんでくださいね。この学齢のお友達は日常生活そのものすべてが、なにかを学ぶ最高の機会ですから。

 

f:id:kobe-ches:20130201104834j:image:w360

 

公園でCHES-Friendsみんなと一緒に遊んでいるときも、ひとりで遠くまで駆け出して行ったお友達が突然大声で「Masami! Masami! Can you hear me!?」。なんで呼びすてなの?とツッコミをいれるのもすっかり忘れてしまうほどきれいな表現で、私はその場に茫然と立ちすくむくらいにびっくり。その様子をそばで見ていたゴーリカ先生はクスクス。

 

ゴーリカ先生によると、さっきからまさみ先生を何度も呼んでいたのに反応してもらえないから英語で表現してみたのかも。ホントに全然聞こえてなかった、ゴメン、ゴメン。でも、そっかぁ。この手があったのね。日本語で話しかけられても、これからは意図的に知らんふりしちゃおうかなぁ(笑)。緊急事態だとちゃんと英語で表現できるんだね。

 

また、ある朝ママがCHES-Friendsを起こしにいくと、まだ完全に目が覚めやらぬなか、ぽつりと「It’s rain today? cold?」。不意をつかれたママは絶句してしまったそうです(笑) 教室で先生から話しかけられた夢でもみていたのかもしれないですね。

 

ほかにも、一緒にお風呂にはいっていて不覚にもうとうとしてしまったママに、ウィンター・クラスで覚えたての歌をご機嫌に口ずさむCHES-Friendsから「Listen! Listen! Ms. Gaurika.」とせっつかれたとか。最初不意をつかれて意味をとらえきれなかったママも「ちゃんと、歌を聴いて欲しいのね」と納得。でも、私はママよ。ゴーリカ先生ではありませんと大爆笑されてました。教室での表現が思わずそのまま出ちゃったんですね。

 

ちょうどこれからは、学齢的にも、いままでひたすら吸収し続けてきた種から芽がでて育っていく季節。パパ・ママも日常生活の中で、CHES-Friendsの思いがけない発芽を見逃さないよう一緒に楽しんでくださいね。私たちCHESの教室でも、これからもCHES-Friendsと一緒に楽しく学んでいくことにします!

 

ところで、前回のBlogでもお伝えしましたが、数人のプリ・クラスのお友達が幼稚園に入園するにあたり、この春からクラスに少し余裕がでてくることになりました。そこで、ただいま2歳から就学前のCHESプリ・クラスの新入生を大募集しております。

 

まずは、サークルタイム(9時15分頃から10時まで)の見学と無料体験(トライアル)にお越しください。見学と無料体験の予約の方法はかんたんです。

 

こちら↓から申し込みいただければ、折り返し資料を送付させていただきます。また、私は通常、教室におりますので、森本までお電話下さい。

 

button

 

また、2歳からのCHESプリ・スクールの詳細はこちらでご確認いただくこともできます。

http://kobe-ches.jp/regular.html

 

無料体験(トライアル)参加をお待ちしております。

 

4月末までは新学期応援期間として、入会金(通常20,000円)が無料になります。この機会をぜひご利用くださいね。


1.5歳から2歳児の新入生募集受付中♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ