風薫る季節の変わり目

今年は、なんだかなかなか穏やかな春にならないなぁと感じていたのもつかの間、ふと気が付くとすっかり風薫る季節ですね。

 

ただ、「薫風」というのもなんだか微妙な表現で、先生に英語でどのように説明したらいいのかなぁと検索してみると、“a balmy breeze”という表現を見つけました。“balmy”という言葉には「香りのよい」と同時に、「さわやかな」という意味もあるようなので、これはいいかも。

 

冬が終ったあとの春と、蒸し暑い夏の間のこの季節特有の新緑の季節感が、まだあまり日本に馴染みのないソフィア先生にもうまく伝わるといいのですが・・・。

 

こんな風薫る季節なのに・・・、ここしばらくながれていたニュースには

 

【日本の人口:減少幅最高の25万9000人…大震災影響で(毎日新聞2012年04月17日)】

http://mainichi.jp/select/news/20120418k0000m040134000c.html

 

・・・と、ただでさえ少子高齢化で大変なのに、先日の話題「日本脱出」を裏付けるかのような数字が発表されたりとか

 

【日本、2050年までに先進国から転落の恐れ 経団連シンクタンク(2012年4月20日AFP=時事)】

http://www.afpbb.com/article/economy/2872745/8817702?ctm_campaign=txt_topics

 

いまのCHES-Friends世代が大きくなる頃には、外資系の企業といえば、いまの欧米系ではなく、中国やインドを中心とするアジア系だったりして(汗)。上司はインド出身の女性部長!? なんてこともフツーなのかもしれないなぁ。

 

・・・などと、日常から感じる感覚とニュースから感じる危機感の温度差に改めて思いを巡らせていると

 

【6年前開校、秋田の国際教養大学が躍進 入試偏差値、旧7帝大と肩を並べる(J-CASTニュース4月22日)】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120422-00000004-jct-soci

6年前に開校した公立大学に、全国から熱い注目が集まっている。英語を中心とした異色のカリキュラムときめ細かい就職指導で、就職率はほぼ100%。志願者数も増加を続け、受験偏差値も、今や旧7帝国大に肩を並べるほどなのだ。

「『英語を学ぶ大学』ではなく『英語で学ぶ大学』」

国際教養大学(秋田県秋田市、AIU)は2004年に開学。ウェブサイトには「『英語を学ぶ大学』ではなく『英語で学ぶ大学』です」とうたっており、すべての授業が英語で行われているほか、1年間の留学が義務づけられている。9月入学を早く取り入れていることが特徴だ。全国的に注目を浴びたのが、その就職率の高さだ。AIUでは08年に初めての卒業生を出したが、就職率は100%を達成。12年度(11年8月卒業と12年3月卒業)は、161人の就職希望者に対して160人が就職。就職率は99.4%と、高い水準を保っている。

 

CHESでも、『英語を学ぶ』ではなく『英語で学ぶ』」という表現を2006年末のホリデークラス開催以来よくつかってきたのですが、秋田国際教養大学のような教育施設(しかも公立!)が、これからもどんどん増えていくことで、大学の入試内容にも変化がおこり、高校・中学の授業内容にも変化がおこり、小学生・幼稚園での教育内容も、そして学生だけではなく父兄をはじめ、日本全体の意識に変化がおこるような好循環が始まるのかもしれないですね。

 

実際、地元神戸の神戸高校では、普通課とは別に2007年4月に総合理学科が誕生し、文部科学省が将来の国際的な科学技術系人材を育成することを目指し理数教育に重点的を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業の指定校になっています。

 

しかも神戸高校が面白いなぁと思うのは、シンガポールの名門校ラッフルズ・ジュニアカレッジと提携したりして、国際交流にも力をいれていること。少しお聞きしただけなのですが、特に総合理学科では、発表会などは「英語で」でプレゼンをし、「英語で」質疑応答までするそうです。

 

もちろん神戸高校だけではなく、24年度では、全国の73校(国立3校・公立57校・私立13校)がこのスーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業の指定校になっています。

 

本当に、日本も季節の変わり目、真っ只中なんでしょうね。

 

と、ところで、CHESも季節の変わり目、真っ只中! なのです。

 

2012年CHES夏休みホリデークラス

今年の夏休みCHESホリデークラスは7月23日(月)から8月31日(金)までの、なんと!(私の体力は大丈夫なのか・・・実は心配なのですが(汗)、6週間の開催予定です!

 

昨年の5週間ぶっ通し開催以来の長丁場になりますが、ぎゅっと英語環境どっぷりのいい機会となるはずなので、先生方はじめ私も全力開催にむけて調整にはいります。詳細は決定でき次第、WEBサイト及びこのBlogでお知らせさせていただきますね。

 

CHESリニューアル開校2周年

まもなく、2012年夏をむかえると、CHESウィークリークラスがリニューアル開校してから丸2年!

 

ふと、思い返せばこの2年の間に、アレやコレやと様々な障害も乗り越え(笑)、またアレやコレやと様々な楽しいことも大勢のCHES-Friendsと一緒に経験することができました。こうして活動を続けることができたのも、ひとえにご理解・ご協力いただけたみなさまのおかげです。改めて、心より感謝申し上げます。

 

4月から新たにプリ・クラスに参加されたまだまだ幼いCHES-Friendsも、ようやく慣れてきた様子なので、またまたホリデー・クラス開催までの5月・6月・7月には、2周年感謝期間(入会費無料期間)を設けて、少し積極的に参加者を募集しようと考えています。こちらも、詳細は決定でき次第、WEBサイト及びこのBlogでお知らせさせていただきますね。

 

CHES特製絵本袋などを作成してみようかなぁ企画

実は、まだまだ思いつきの段階なのですが、CHES特製絵本袋などを作成してみようかなぁと考えております。

 

もちろん(一応)私も子育て中の主婦の一人なので、欲張りですが・・・、丈夫で長持ち、しかもできるだけ安価でフツーに使える格好いいCHES特製絵本袋などをイメージしているのですが、いかがなものでしょうか。

 

「CHES特製絵本袋企画」については、さまざまなご意見・ご要望をお伺いしたいとかんがえていますので、機会があれば、私までどしどしお知らせくださいね。

 

いずれにしてもCHESも季節の変わり目、真っ只中!

 

これからも、CHESでは、小さな子どもたちの大きな可能性を「英語力」で応援していきたいと思います。

 

そして、日本の歴史的な季節の変わり目に、多くのCHES-Friends、そしてCHES-Friendsのご理解あるパパ・ママと一緒に生きていること、そして一緒に成長していけることに心から感謝します。


2017年冬休みホリデー・クラス募集開始♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ