すっかり秋ですね。

実りの秋、なのはいいのですが、2学期は本当に行事が多いですよね。先日、体育祭が終ったなぁと感慨にふけっていると、秋の遠足。そして、たちまち中間試験、これが終ると、今度は学芸会。さらにその合間にバスケの試合・・・(フー)。

おまけに、地元の秋祭り!?。先日9日は、自宅近所の神社でも。あちらこちらでお祭り気分。なんだか気分が盛り上がるのはいいのですが、昨日は、教室の前の道路にお神輿が通るために交通規制までしていた様子・・・(汗)、クルマの渋滞によりアフター・クラスに参加することをあきらめられたお友達も。一種の新なめ祭? 少し早い収穫祭なのでしょうか・・・。

そして、ウィークリー・クラスでは定番の“Halloween”の季節でもあります。先日も、あるCHES-Friendsのママから行事についてのお問合せをいただきましたぁ。せっかくの機会なので、CHES-FriendたちとHalloweenも楽しみたいなぁと思うのですが、どちらかと言えば正直なところ、私個人的には“Thanksgiving”感謝祭を(Turkeyまでは用意できないと思うのですが・・・)盛り上げたいなぁと感じています。

言葉は、ある意味、文化。なので、ある言葉には文化や社会(民族や宗教の歴史)の構造がかなり影響している部分もあると思うのです。たとえば日本語と英語との時制の感覚の差とか(泣)。このあたり、外国語を学ぶ段階で壁になったりすることもあるじゃないですかぁ。そこで、いい機会なので、“Halloween”の由来を少し調べてみることしました。

【Halloween】

もともとハロウィーンは数千年前のケルト人の国々、特にアイルランドで行われていた古代の祭事だったそうです。アイルランドやスコットランド、ウェールズのケルト人によって祝われていた古代の祭り、Samhain (サウェン、サワーンと発音)に起源があります。

Samhain とは、ケルト人にとって収穫期の終り、厳しく長い冬のはじまり、そして新しい一年のはじまりを祝う祭事。ケルトの一年の終りは10月31日とされ、この晩は物事が移り変わり、時間と空間の境目が一時的にあいまいになるので死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や妖精、魔女が出てくると信じられていました。

そこで、これらの悪霊や魔物に取り付かれないよう、追い払おうとして恐ろしい格好をして仮面を被ったり、魔除けの焚き火を焚いたりしていました。日本のお盆と大晦日がいっしょになったような日がハロウィーンということになるのでしょうか。

中世になるとそれが全ての聖人を称えるキリスト教の祭事に変わりました。そのころに、現在のハロウィーンという名前が付きました。ハロウィーン:Halloween という名の意味は、「All Hallows Eve ( 諸聖人の日の前夜) 」、「Hallowseve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになったとか。

やがて、アイルランド人がアメリカに渡った際、祖国アイルランドに思いを馳せながら、ハロウィーンを大切に祝うのですが、そこにはカブよりもカボチャがゴロゴロ。カブより柔らかいのでくり抜くのも簡単だし、中身はいろいろと料理にも使えるということで、ハロウィーンにはカボチャの「ジャック・オ・ランタン」というスタイルができがったそうです。

ちなみに「ジャック・オ・ランタン」もアイルランドの民話が起源だそうです。その民話によると、ぺてん師で大酒飲みのジャックが死んで天国に入ろうとしましたが、生前の行いが悪かったため断られました。そして地獄にも入れてもらえませんでした。悪魔をだましたことがあったからです。代わりに悪魔はジャックに、天国と地獄の間の暗闇で道を照らすためのロウソクを渡しました。ジャックは火を扱い易くするためにカブをくりぬいてロウソクを中に入れたのだとか・・・。

また「トリック・オア・トリート (Trick or Treat) 」とは、11月2日の死者の日にキリスト教徒が「魂のケーキ (soul cake) 」を乞いながら、村から村へと歩いた習慣からだそうです。物乞いをするときには、亡くなった親類の霊魂の天国への道を助けるためのお祈りをすると約束、やがて悪霊を追い払う儀式的な仮装が盛り込まれ現代の「トリック・オア・トリート 」となったとされています。

参考:

アイリッシュ・ネットワーク・ジャパン

HAPPY HALLOWEEN FROM IRELAND

ハロウィン-Wikipedia

いかがでしょうか。“Halloween”って、こんな歴史を歩んできていたんですね。若干イメージが・・・。でも、こと行事に関しては(CMの力なのか)日本人はお構いなしになんでも楽しんでしまうのが上手ぅ。クリスマスが終れば初詣にお正月ぅ~♪。

CHES-FriendのMちゃんもさっそく見事な作品をみんなで楽しむために作って来てくれましたぁ!

f:id:kobe-ches:20110905153255j:image:w360

そして、ウィークリー・クラスでもソニファ先生が、何気なくCHES-Friendの足型を取り始めたのですぅ。

f:id:kobe-ches:20111005105955j:image:w360

この足型、一体、なにに変わるの…?

f:id:kobe-ches:20111005084304j:image:w360

それぞれのCHES-Friendの足型に、いくつか書き込みを加えて、ひっくり返して並べてみると・・・、

f:id:kobe-ches:20111005084234j:image:w360

気分は、もうすっかり、Halloween!

ただ、足型の横を飛んでいるゴーストたちが、心なしか「てるてる坊主」に見えるような気がするのは、間違いなく私が(あなたも!)日本人だからなのでしょう(爆)。

そうそう、月末にむけて、私もお菓子を用意しなくてはなりませんね(汗)。合言葉は、もちろん“Trick or Treat”(笑)。この際、みんなで楽しもうね。


1.5歳から2歳児の新入生募集受付中♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ