業務連絡(2011-3-14)です。

(追記あり)

  • CHESのカリキュラムを見直します。

3月28日(月)から始まる「ホリデークラス」、そしてその後、4月8日(金)からの通常の「プリスクール」「アフタークラス」、すべてのウィークリークラスでカリキュラムを見直しすることにしました。

  • 概要は…?

CHESは、2006年末のホリデークラス開催時から【小さな子どもたちの大きな可能性を「英語力」で応援】してきました。もう少し具体的にお話しさせていただくと、日本の教育制度と並行しながら、小学生(できれば低学年)のあいだに「英検3級」程度のBasic Englishが定着することを目指してきました。

小学生低学年までにという目標をかかげたのも、多くのお友達がそれまでの習い事をやめて、学習塾に通いだす小学校4年生ごろまでには、できれば最低限の「読み・書き」ができる「英語力」を身につけて欲しいと考えていたからです。

この時期までに「英検3級」程度のBasic Englishが定着していれば、中学・高校と成長する過程でも、英語が嫌いにならず、それ以降もずっと英語を学び続けることができるでしょう。そして英語に限らず、学習意欲も持ち続けることができると考えていたからです。

実際に、ここにきてCHESでは、多くのCHES-Friendsのママやパパのご理解とご協力のお陰で英検3級の合格者も少しずつ増えてきました。

また、2010年に「プリスクール」のリニューアルオープン以降、クラスでの幼いお友達の様子を傍で観てきた私には、当初想定していた以上にCHES-Friendsの「知的好奇心」は高く、また「向上心」も強いように感じる機会が増えてきたのです。もう少しざっくりした表現でお話しさせていただくと、英語の基本を学んだり、ただ工作したりするだけでは「退屈」しちゃうんですよね。

そこで、CHES-Friendsには

もっと、「Comfortable」

もっと、「Interesting」な課題を学ぶことで

もっと、「Confidence」を深めて欲しいと考え

この春からカリキュラムを見直しすることにしました。

大きく分けて、以下の4つの軸を中心に進めていくことにします。

  • 1.「Phonics:フォニックス」

フォニックスは、英語の発音に、規則性を見出して学習を容易にさせる方法のひとつなのですが、これは今まで通り、丁寧に繰り返し確認していきます。ただし、1日5分から10分程度にとどめて、短い時間で集中し、毎日楽しく繰り返すことで徐々に定着していくことを目指します。

  • 2.「Sight word:サイトワード」

幼いお友達が英語と接する様子を観ていて感じることは、お友達はアルファベットを一文字ずつ認識するよりも、英単語を1つの形として認識するほうが、とても上手に認識できるということです。たとえば、お友達の名前が書かれているカードも、アルファベットを一文字ずつ積み上げて確認するのではなく、文字の並びを1つの固まりとして認識してしまいます。

サイトワードの定義はさまざまなのですが、英文に頻繁に登場する英単語のことで、幼稚園までで12から30単語、小学校1年生までに100単語程度が認識できれば最低限の読み書きには困らないといわれています。

たとえばCHESプリスクールでは、「Scholastic」の教材などを利用しながら、サイトワードを楽しく学んで行くことにします。

f:id:kobe-ches:20110314152513j:image

f:id:kobe-ches:20110314152514j:image

  • 3.「Comprehension:理解力、把握力」

「Comprehension」については、以前、このBlogでお伝えしたとおり、言葉を「音」だけで認識していると、頭にはいるのも早いのですが、忘れるのも、同じくらい早いのです。いま、幼いお友達が「音」だけで認識している言葉は、なかなか定着していかないし、これから以降の言葉の発展にもつながりにくくなってしまいます。

幼いころに英語を習っていたのに、小学校になるころにはすっかり忘れてしまい、中学生になったら、英語が嫌いになっていた・・・、なんてことには絶対にならないように、また成長するに従って英語が分からなくならないためには、ある程度、英語が言葉として定着する必要があります。

言葉が定着するためには、やはり「文字」として認識し、読むことができて、そして書くことができるようになることが必要で、ここまでできるようになって、ようやくはじめて「定着」してきます。そこで「Grammar」と「Reading」も少し取り入れていこうと考えています。

たとえば、CHESアフタークラスでは、このようなテキストをつかって「Grammar」と「Reading」を楽しく学んで行くことにします。

f:id:kobe-ches:20110314163233j:image:leftf:id:kobe-ches:20110314163232j:image:right

f:id:kobe-ches:20110314163344j:image:leftf:id:kobe-ches:20110314163343j:image:right

  • 4.「Thematic work」

ただ、「英語を」学んでいるだけでは、CHES-Friendsの「知的好奇心」や「向上心」は十分満たされることなく、ある意味では退屈に感じてしまうこともあるので、時間を調整しながら、さまざまなTopicを「英語で」学ぶ「Thematic work」も取り入れていきます。たとえば、このようなテキストをつかってライフサイクルや生き物などの自然のしくみを英語で楽しく学んで行くことにします。

f:id:kobe-ches:20110314164415j:image:left

f:id:kobe-ches:20110314164414j:image:right

もちろん、「プリスクール」「アフタークラス」とも、以上の4つの軸を基本にしながら、すべてのクラスでは、CHES-Friendsの学齢や英語力にあわせて楽しく学べるように工夫して進めていきます。乞うご期待です。お楽しみに!

  • イブリン先生は3月25日にCHESから卒業します。

CHESすべてのクラスのカリキュラムを見なすことにともない、イブリン先生には3月25日(金)の授業を最後にCHESから卒業していただくことになりました。はじめての日本は、季節の変化が激しく、また日本社会の習慣・文化やしくみに戸惑うことも多く、体調の管理や精神的にも落ち着いて対応することがかなり難しかったようです。

これ以上引き止めることは、CHES-Friendsにもあまり好い状況にならないと判断し、私としても非常に残念なのですが、期末に卒業していただくことにしました。

  • ホリデークラスは、予定通り開催します。

2歳から幼稚園ぐらいまでのお友達はソニファ先生のクラス、小学生のお友達は、私、まさみ先生が担当します。ホリデークラスのTPOICは、すでにお知らせしたとおり“THE SPRING ISLAND”です。

また、せっかくの機会ですから、小学生のクラスでは、ホリデークラスのTOPICだけではなく、6月の英検受験に向けた内容なども取り入れていこうと考えています。

4月8日(金)以降のウィークリークラスも、ソニファ先生と私が協力しながら、楽しく英語で学べるカリキュラム次々に提供していきます。お楽しみに!

(追記)

  • イーウェル社の福利厚生サービス「WELBOX」に対応します。

まだ正式に公表できる段階ではないのですが、5月をめどに、CHESのすべてのクラスの受講料をイーウェル社が発行する「WELBOX保育所クーポン」により決済できるように準備を進めています。

ご父兄の方や2親等以内のご親族の方のお勤め先が、イーウェル社の福利厚生サービス「WELBOX」に登録されていると、「WELBOX保育所クーポン」を割引価格でご利用いただけます。お手数ですが、一度お勤め先の福利厚生サービスをご確認ください。

これからもCHESは、【小さな子どもたちの大きな可能性を「英語力」で応援します!】


1.5歳から2歳児の新入生募集受付中♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ