「singapore education」日本語版がでていました。

昨年からご案内していた「シンガポール親子短期留学」のご案内ですが、今年は4月ごろから、かなりお問い合わせが増えていて、実は、少しびっくりしていたのです。

  • シンガポールのイメージが「観光」から「教育立国」に変わり始めたのかなぁとか
  • アクティビィティだけの海外短期留学では、子ども達が、意外と得るものも少ないと認識され始めたのかなぁとか
  • 日本の未来、子ども達の将来への不安感が、顕在化してきたのかなぁとか

私も個人的に、あれこれ、考えたりしていたところです。

ところで、シンガポール政府の公式サイト、「singapore education」の日本語版が登場していることに気が付きましたので、お知らせしておきます。

いままでは、英語版と中国語版、韓国語版しかなくて、アジアの中で日本人はスルーされてるのかなぁと、少し寂しかったのですが、日本語版ができたので、かなり読みやすくなりました。

「singapore education」(日本語版)は、↓こちらです。

http://www.singaporeedu.gov.sg/jp/htm/abo/abo01.htm

昨年、秋ごろから、受け入れ先の学校でも、問い合わせのたびに、「制度が変更されたので」という説明が繰り返されていたので、こういう形で、政府から公表してもらえると、読みやすくて本当にありがたいです。

シンガポールへの留学に興味のある方は、ぜひ、ご参照ください。特に、長期留学を検討されている方は、「出発前の準備事項」は、参考になると思います。

「出発前の準備事項」(日本語版)は、↓こちらです。

http://www.singaporeedu.gov.sg/jp/htm/stu/stu0307.htm

それと、「シンガポール・親子短期留学」では、いつもお世話になっているインリンガ・シンガポールも日本語版を開設してくれました。こちらも、いままでは、英語版と中国語版、韓国語版しかなくて、スルーされている気分で寂しかったのですが、少し敷居が低くなったような気がします。

インリンガ・シンガポール(日本語版)は、↓こちらからご参照ください。

http://www.inlingua.edu.sg/ja/home.aspx?lang=ja&menu=L&menuid=home

小学校中・高学年、中学生の短期留学の受け入れ先には、昨年の制度変更以来、少し苦労していたのですが、この夏は、インリンガ・シンガポールが、「1週間」から参加できる「ビギナー・コース」の開講を決定しました。少し英語に自信のないお友達でも、かなり参加しやすくなっています。小学校中・高学年、中学生の友達も、シンガポールへの短期留学を経験できる良い機会になると思います。この夏休み、ご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

詳細は…

「教育立国」シンガポールへ1週間からのCHES「親子・短期留学」のご案内をご参照ください。


1.5歳から2歳児の新入生募集受付中♪

アーカイブ

CHESメルマガ

英語ができる子の親だけが知っている!
新「英語育児」

CHES無料メルマガの登録は、
いますぐ↓こちらからお願いします。

メールアドレスを「半角」でご記入のうえ、
登録して下さい。
読者登録規約




ページトップへ